ブランディング戦略

弊社では、医院・クリニック様のブランディング戦略のご提案をお受けしております。『ホームページがいかにも即物的になりすぎてしまうのは方針とは合わない』『地域に根ざしたかかりつけ医としての信用を構築したい』などの要望を持っている先生方もたくさんいらっしゃいます。
そういった方には、先生の方針・お気持ち(診療への想い)をヒアリングさせていただき、コーポレートアイデンティティ(CI)の設計から行い、わかりやすい言葉で院内・院外にブランディングしていく戦略をご案内します。

ブランディングを行うのは、大手広告代理店で勤務した実績のあるディレクター兼デザイナーが担当し、CI設計、キャッチコピーの作成、掲載内容のご提案、ロゴ、名刺、パンフレット、院内ポスター、ホームページの作成・デザインに意味を込めて医院のブランディングを行います。
そうすることで、『3世代に渡り通院いただけるような医院構築』『このクリニックで働きたいという採用活動』の実現を目指します。

提供する内容

提供する内容

  • コーポレートアイデンティティの作成(CI)
  • CIを浸透させるためのキャッチコピー
  • ブランディングのためにロゴ、名刺、パンフレット、ホームページに掲載する内容の提案
  • 医院・クリニックの特色を写真で捉えられるプロのカメラマンによる撮影
  • ロゴ、名刺、パンフレット、ホームページ、院内ポスターなどを納品いたします。

ブランディングの特徴

1.大手広告代理店での経験があるディレクターが担当

通常のホームページ作成会社では、ホームページの企画立案の実績があるデザイナーが担当することはあっても、院内・院外を含めてブランディングをした実績のあるデザイナーが担当することはありません。弊社で提携するディレクター兼デザイナーは、広告作成を通して多数の成功事例や受賞歴を持つ経験豊富な担当者がつきます。徹底した患者様目線でデザイン経営の観点から医院・クリニックをブランディングしていきます。

2.通常よりも質の高い写真撮影

先生の方針や診療への思いは言葉で伝えるだけでは十分に伝わりません。また、パンフレットやホームページを見た人達も隅々まで読んでくれるとは限りません。より多くの人に伝えていくためには、『読んでいただく内容』も大事ですが、『視覚的に伝わる』写真や映像が有効です。弊社では、ブランディング戦略でお受けしたカメラマンは大手雑誌やファッション紙の写真などを撮影する通常では依頼できない担当者をアサインします。このようなカメラマンに依頼できるのも大手広告代理店で実績のあるディレクターが担当しているからです。

3.ブランディングするための設計

よく開業・企業する際に、理念や使命などを設計して組織としてブレずに進んでいくことが経営のマニュアルとしてあると思いますが、実際に日本ではそのような教育を受けてきていないので、書籍などで見よう見真似で作成し、スタートしたものの忙しさに忘れてしまったり、スタッフに伝わっていかないなどの問題に直面している医院・クリニック様は多いのではないでしょうか。弊社が実行するブランディングでは、そういった問題を解決していくためにCI、キャッチ、院内ツール、ホームページ、などを通じて誰が見ても院長の思いがすぐにわかるようなブランディング設計をご提案いたします。

ブランディングとは

担当させていただく、医院・クリニック様にしかない独自価値「らしさ」を規定し、デザインやコピー、写真やイラストを用いて、高いクオリティでブランドコントロールしてゆきます。また、製作するツールを、できる限り統一イメージで展開することで、患者様に中長期的に、好意・信頼を醸成していくコミュニケーション戦略になります。特に弊社では、根幹となるブランド価値を、どなたでも理解できる、短い言葉や、強いシンボルで表現する事で、記憶に残りやすい表現をする事を大切に取り組んでおります。

事例紹介

患者様とそのご家族に安心を与えるブランディング事例

東京都大田区:ファミリークリニック 蒲田・品川様

患者様とそのご家族に安心を与えるブランディング事例 ロゴ、キャッチコピー制作例

リーフレット制作例院内ポスター・バナースタンド制作例

制作の目的

ホームページをリニューアルしたが、ただ羅列しただけの内容になってしまい、医療機関として患者様に安心をイメージさせるようにブランディングしたいとご要望をいただきました。

東京都大田区:ファミリークリニック 蒲田・品川様 院長先生

先生からのコメント

ホームページを作成したのですが、患者さんや求職者に当院の理念や想いが伝えられるようなページではなく、ただ羅列しただけのページで困っていたところ、経験豊富なディレクター兼デザイナーさんの提案を受けました。理念や当院の方針などをくみ取ってキャッチコピーを作成して頂き、色やデザイン、文字などにも意味を込めて作成いただきました。おかげさまで、患者さんからも求職者さんからも評判がよく大変気に入っております。

広範囲からの増患するブランディング事例

大阪府豊中市:岩野耳鼻咽喉科サージセンター様

広範囲からの増患するブランディング

訪問者数 36倍

※2018年10月現在

制作の目的

掲載内容の整理・スマートフォンへの対応、関西、四国、中国地方全般から手術治療の相談が増加するように実施

先生

先生からのコメント

ホームページリニューアル後、ホームページを見て来院される患者様の数がかなり増え、手術予定件数も1ヶ月半待ちで60件⇒2ヶ月半待ちで90件~100件の予定が埋まるようになりました。また、ホームページに設置した手術に関連した診察申込では、今までに対応できていなかった患者様とのやりとりから手術につながるケースも増え、ホームページを改善した反響を大きく実感しております。

開業時に充分に作成できず作り直したブランディング事例

開業時に充分に作成できず作り直した事例

訪問者数2.1倍

※2018年10月現在

制作の目的

開業時に依頼した業者が医療専門ではなく充分な内容を作成する時間がなく、2ヶ月で作り直しが必要になりました。

先生

先生からのコメント

日帰り手術クリニックは、ホームページからの新規患者さんの来院が大きな柱となるので、開業時には期待していたのですが、依頼していた業者は知識が乏しく、開業までに充分な内容を作成できず、不満が残るままに公開していました。
そんな時に日帰り手術ドットコムさんにお会いして適切なホームページの改善内容をもらったので依頼しました。リニューアル後、手術件数が30件⇒70件/月程度になりました。作成して2ヶ月でリニューアルすることとなりましたが、変更してとても満足しています。

診療内容を訴求するためにリニューアルしたブランディング事例

診療内容を訴求するためにリニューアルした事例

訪問者数2.8倍

※2018年10月現在

制作の目的

作成したホームページに継ぎ足しをしていたので、情報の整理と訴求したい診療内容を打ち出すためにリニューアルしました。

先生

先生からのコメント

リニューアルしてからすぐに「HPを見てきた」という方の数が増加し、日帰り手術を希望する患者様もかなり増えました。
特に鼻中隔湾曲症の手術に関しては、以前と比較すると手術件数がかなり増加しました。HPも整理され見やすくなり、とても満足しております。

ブランディング戦略の費用

弊社で作成するホームページプラン

プラン 基本プラン
(8ページまで)
戦略的プラン
(13~15ページ)
地域No1、業界No1プラン
(30ページ~)
費用 制作費 50万~
保守費用 10,000円/月~
制作費 100万~120万円
保守費用 4,000円/月~
制作費 150~200万円
保守費用 5,000円/月~
プラン 費用
基本プラン
(8ページ)
制作費 45万~
保守費用 4,000円/月~
戦略的プラン
(15ページまで)
制作費100万円~
保守費用 4,000円/月~
地域No1、業界No1プラン
(30ページ~)
制作費160万円~
保守費用 4,000円/月~

費用は税別表記となります。

※ ご提案する内容によって作成するホームページやカメラマンなどの費用がかかりますので一度お問い合せください。

広告ツール作成費用

広告ツール パンフレット作成費用
(三つ折:A4仕上がり)
名刺作成 ロゴ作成
費用 70,000円(1000部) 30,000円(300枚) 50,000円~70,000円
広告ツール 費用
パンフレット作成費用
(三つ折:A4仕上がり)
70,000円(1000部)
名刺作成 30,000円(300枚)
ロゴ作成 50,000円~70,000円

費用は税別表記となります。

実績のあるディレクター・他社にはないブランディング戦略

医院・クリニックを計画的にブランディングしていきたいとお考えの先生は一度ご相談ください。

お名前 (必須)
ふりがな (必須)
電話番号 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
お問い合わせ内容詳細

上記内容を確認しました。

TEL:03-6427-9941 受付 9:00~18:00 無料相談
一番上に戻る
Top